hLifewaveX39パッチ二重盲検試験にてGHK-Cuの産生レベルを測定するh

https://researchopenworld.com/wp-content/uploads/2021/03/IMROJ-6-612.pdf


Research Open     リサーチオープン     内科研究-オープンジャーナル    第6巻第1号


研究論文

LifewaveX39パッチ二重盲検試験にてGHK-Cuの産生レベルを測定する


Caitlin A Connor 1、Melinda H Connor 2 *、David Yue 3、Jens Eickhoff 4、Susan Wagner 5、

Amy Chang 6

1英国オックスフォード大学レウリーハウス博士研究員

2創設者、Earth Songs Holistic Research and Consulting、USA

3 CEO、HT-Labs、米国カリフォルニア州サンディエゴのAxisPharmの一部門

4ウィスコンシン大学マディソン校、米国生物統計学および医療情報学シニアサイエンティスト

5米国アリゾナ鍼灸東洋医学部教授

6米国カリフォルニア州サンディエゴのAxisPharmの一部門であるHT-Labsのシニアリサーチアソシエイト


*対応する著者: Melinda H Connor、Earth Songs Holistic Research and Consulting、31907 South Davis Ranch Rd、Marana、AZ 85658、USA; 

Tel:(520)609-1765;  Eメール: melinda_connor@mindspring.com

受領: 2021年2月23日; 承認済み: 2021年3月2日。公開 2021年3月7日


概要


目的: LifeWaveX39非経皮フォトバイオモジュレーションアクティブパッチが二重盲検ランダム化比較試験にてGHK-Cuの産生の改善を示すかどうかを測定する


材料: BD Vacutainer Safety Loc採血セット、サイズ21GX0.75または23GX0.75のホルダーとラベンダートップチューブが事前に取り付けられています。Kendro Sorvall Biofuge 遠心分離機 75005184 +およびABSciex API4000 Qtrap。分析ソフトウェア:QtrapAnalystソフトウェア1.6.2およびRソフトウェアバージョン3.5.1。統計分析は、Rソフトウェア(バージョン3.5.1; http://www.r-project.org/)を使用して実施されました。


方法: 40〜80歳の60人をコンピューターでランダム化(無作為化)で2つのグループに分けました。1本のラベンダートップチューブが引かれ、Kendro Sorvall 遠心分離機にて1300rcfで10分間遠心分離します。血漿を冷凍ガラスチューブに入れ、-22℃に瞬間冷凍した後、分析のためにドライアイスで実験室に輸送しました。ろ液をスピードバック(speed-vac)で濃縮し、脱イオン水で50 ulに再構成し、AB Sciex API4000 Qtrapで分析しました。統計的評価は、ノンパラメトリックウィルコクソンの符号順位検定を使用して評価され、p値は両側であり、統計的有意性を定義するためにp <0.05が使用されました。


結果:アクティブグループの血中のGHK-Cu濃度の有意な増加が、2日目から7日目までの変化を比較して見られました。

グループAとグループBのGHK-Cu濃度(ng / ml)はp <0.035、総GHK-Cu(ng)はp <0.03。


結論:この研究では、40〜80歳の個人が1週間LifeWave X39パッチを貼付した結果、血中に存在するGHK-Cu濃度が大幅に増加することが示されました。

これは、2日目から7日目の間みられ、アクティブとコントロールはGHK-Cu濃度(ng / ml)はp <0.035、および総GHK-Cu(ng)はp <0.03。


キーワード: GHK-Cu、経線、非経皮、光生物学、光線療法

前書き


この研究は、LifeWave X39非経皮光生体変調パッチを1週間にわたって貼付した場合の、血中のグリシル-L-ヒスチジル-L-リジン-銅(2 +)(GHK-Cu)レベルへの影響を二重盲検ランダム化比較試験により調査しています。 特にトリペプチドは1973年にローレン・ピカート博士によって最初に単離されました。GHK-Cuは「銅トリペプチド-1は傷をした時に放出されて体の助けになる緊急応答分子のグループに属します...」とされていて重要なものです[1]。それは自然に体からあらゆる種類の損傷や組織に送られます。例えば:「銅トリペプチド-1は、加齢に伴う神経変性および認知機能低下において治療的役割を果たしている可能性があることが示唆されています。これで軸索の生存と神経の維持を改善します」[1]。これは4000個の遺伝子のリセットに関係しています。[2] GHK-Cuレベルを測定するための血液サンプルは、ベースライン、パッチ装着の24時間および7日目に採取されました。この研究に参加するために、40〜81歳の男性と女性の両方で構成される60人の被験者が便宜的サンプルとして選ばれました。参加者はコンピューターによりランダム化でグループAまたはグループBに分けられました。


バックグラウンド


LifeWave X39パッチは、光線療法を使用して体のリバランスを刺激します。他の研究からのデータに基づくと、銅トリペプチドGHK-Cuの変化は、パッチによって産生される効果が要因であるのではないかと感じられました。以前の研究に続くものとして、二重盲検研究がこの理論をテストする適切な方法であると決断しました。 トリペプチドは、以前の研究で組織修復過程を改善することが実証されています。 「それはケラチノサイトの増殖と正常なコラーゲン合成を増加させ、皮膚の厚さ、皮膚の弾力性とハリを改善し、しわ、光損傷と不均一な色素沈着を改善し、皮膚の透明度を改善し、保護バリアタンパク質を引き締めます 」[3]。研究により、ペプチドが自然な修復過程開始を知らせるために使用されていることが確認されています。


トリペプチド


「銅トリペプチド-1(GHK-Cu)は、3つのアミノ酸(タンパク質成分)グリシンヒスチジン、およびリジンで成り立つ小さなタンパク質で、生理学的に有益なミネラル(銅)の特定の幾何学的構成で組み合わされています。 [4]  その後の研究により、GHKペプチドと銅、およびそれが存在する2つの形態(GHKとGHK-Cu)の間に強い親和性が確立されました。これは最初の実験ではカバーされていませんでした。 また、GHKがこれまでに行われたすべての研究で問題を引き起こすことは一度もないことにも言及する必要があります[1]。


非経皮パッチ


すべてのX39パッチは、内部の物質が皮膚に接触するのを防ぐために密封されています。パッチ貼付の間はパッチの密封により、パッチを通して一貫した光の流れが可能になり、赤外線、近赤外線、および可視光の帯域の光の波長を反射するように設計されています。 バンドエイドと同じ粘着剤を使用しており、これはパッチの毎日の継続使用による刺激のレベル(肌荒れなど)を考慮したものです。


光線療法


光線療法は100年以上にわたってさまざまな形で使用されてきました。この間、マイナスの副作用の証拠はほとんどありませんでした.これは、光線療法が治癒療法としては比較的未開発の選択肢であり、リスクが比較的少ないことを示唆しています[5]。


目的


LifeWave X39非経皮光生体変調アクティブパッチが、二重盲検ランダム化比較試験において、対照よりもGHK-Cuの産生の改善を示すかどうかを判断すること。

手順


人体実験研究倫理委員会の承認が得られると(NFFEH 01-16-20-01)、募集が開始されました。関心のある研究参加者に宣伝するチラシがさまざまな地元のサイトに掲載されました。参加者は本研究の電話番号に電話をかけ、包含および除外基準に基づき評価されました。必要に応じて、詳細同意のスケジュールが行われました。研究現地に到着した時点で、各参加者からの同意の上、ランダムにグループAまたはBに分けられました。次に、個々の参加者が試験室に連れて行かれ、ベースラインで血液サンプルが採取されました。パッチを貼付してから24時間と7日後に追加サンプルを採取しました。


便宜上、参加者はパッチの貼付場所は認識されている経線ポイントであるGV14またはCV6 [6]を使用するように求められました。 BD Vacutainer Safety Loc採血セットは21GX0.75または23GX0.75のサイズのホルダーが事前に取り付けられた状態で使用され、ラベンダートップチューブに入れられました。次に、各血液サンプルを4000RPMローターを備えたKendroSorvallBiofuge遠心分離機75005184 + HERAEUS 7591に入れ、1300 rcfで10分間回転させて血漿を分離し、それを冷凍ガラスチューブに入れてから、-22℃の医療用冷凍庫で瞬間冷凍。次に、サンプルを2インチの厚さのポリスチレン容器に入れ、サーマルボックスライナーで包み、ドライアイスを入れた二重壁のボックスに入れて 翌日配送しました。サンプルは、サンディエゴのAxisPharmの一部門であるHT-Labsに送られました。


血液サンプルの分析


血液サンプルはピカード博士の元の論文に従って処理されました。濾液をスピードバック(speed-vac)で濃縮し、脱イオン水で50 ulに再構成し、AB Sciex API4000 Qtrapで分析しました。 データはAnalystソフトウェア1.6.2で分析されました。 数値はスプレッドシートに記入され、統計分析に送信されました。 血液分析と統計分析の両方は、もとの研究所から独立したグループで行われました。


統計分析


ベースラインから見て24時間および7日目の評価のGHKおよびGHK-Cuレベルの絶対変化を、平均、標準偏差、中央値、および範囲の観点から要約しました。 ベースラインから24時間および7日目の評価への変化は、ノンパラメトリックウィルコクソン符号順位検定を使用して評価されました。 報告されたすべてのp値は両側であり、統計的有意性を定義するためにp <0.05が使用されました。 統計分析は、Rソフトウェア(バージョン3.5.1; http://www.r-project.org/)を使用して実施されました。 統計分析が完了すると、盲検を解除しました。


結果


個人のサンプルは41〜80歳の範囲の60人で構成され、 ランダム化した2つのグループ(AとB)に分蹴られました。LifeWaveX39パッチテストの重要な結果は次のとおりです。


討論


これは、アリゾナ州ツーソン地域の一般住民から集められた便宜的サンプルを使用したランダム化二重盲検試験でした。対象者は40-81歳。この試験は、2020年3月にCOVID SARS-2のパンデミックによって中断され、2020年8月に再開されたことに注意する必要があります。その時点で、すべての参加者の安全と健康を確保するための特別な手順が実施されました。採血の予定時間を隔離、各参加者の間の特別なクリーニング手順が含まれ、すべての硬い表面はUV-Cワンド使用、椅子(ドローチェア)はクロロック殺菌剤で拭きとり、全研究チームメンバーには手袋とガウンの交換、また参加者と研究チームメンバーの両方にマスクの着用を実施しました。研究チームのメンバーは、感染がないことを確認するために毎週テストを行いました。この研究過程の参加を通じてCOVIDSARS-2に感染した研究参加者はいませんでした。この研究により、濃度と総量の両方で7日間でGHK-Cuのレベルに有意な変化があったことが確認できました。以前の研究データを確認するものになります[7,8]。繰り返しの試験データは、LifeWave X39非経皮光生体変調パッチを貼付することで、GHK-Cuの産生の増加が生じ身体へのプラス効果を促進するということを裏付けします。


結論


この研究では、LifeWave X39パッチを1日8〜12時間1週間貼付した結果として、血中に存在するGHK-Cuの量の変化を調査しました。 アクティブグループの血中のGHK-Cu濃度の有意な増加が、2日目から7日目までの変化を比較して見られました。グループAとグループBのGHK-Cu濃度(ng / ml)はp <0.035、総GHK-Cu(ng)はp <0.03。(表1)



表1:アクティブグループの血中のGHK-CU濃度の有意な増加がGHK-Cuのアクティブとコントロールの間で2日目から7日目までの変化を比較するのが見られました

p <0.035での濃度(ng / ml)およびp <0.03での総GHK-Cu(ng)。


GHK-Cu濃度(ng /ml)     1日目から2日目     0.3465

                2日目から7日目    0.035

総GHK-Cu(ng)        1日目から2日目    0.237

                2日目から7日目    0.03


参考文献

1. DeHaven C(2014)銅トリペプチド-1。スキンケアの科学

2. Pickart L、Vasquez-Soltero J、Margolina A(2014)GHKおよびDNA:リセット

健康へのヒトゲノム。BioMed Research International 2014:151479。[相互参照]

3. Pickart L、Vasquez-Soltero J、Margolina A(2015)天然としてのGHKペプチド

皮膚再生における複数の細胞経路のモジュレーター。ヒンダウィパブリッシング

Corporation BioMed Research International 2015:648108。

4.ジオペプチドスタッフ(2015)銅ペプチドとは何ですか?https://www.geopeptides.com/

Copperpep.html

5.柿本C(2017)光線療法とは何ですか、そしてそれはどのように機能しますか?https:// www。

dermatologistoncall.com/blog/what-is-phototherapy-and-how-does-it-work/

6. Deadman P、Al-Khafaji M、Baker K(2001)鍼のマニュアル。イーストランドプレス

7. Connor M、Connor C、Gombosuran N、Eickhoff J、他。(2020)LifeWaveX39パイロット

光によって引き起こされる変化を示します。ヒーリングとケアの国際ジャーナル

www.ijhc.org

8. Connor C、Connor M、Yue D、Chang C、Eickhoff J、他。(2020)の変更

LifeWaveX39パッチによって産生されたトリペプチド。ヒーリングの国際ジャーナル

とケアwww.ijhc.org


引用:


コナーCA、コナーMH、ユエD、エイクホフJ、ワーグナーS、他 (2021)GHK-Cu産生レベルを決定するためのLifewaveX39パッチの二重盲検試験内部

Med Res Open J Volume 6(1):1-3。