膠原病の体験談

◆先程、帰られたお客様。
忘れないうちに

ご両親が、両方急に入院され、ご自分も更年期に入られ、体調を崩されたようでした。

手が痺れ、力が入らず、両手の親指がバネ指になり、関節が痛かったので、リウマチを疑い病院に行ったそうですが、膠原病の一種でシェーグレン症候群と診断されたそうです。

とりあえず、左の手に力が入らず、親指が動かしにくく、痺れがあると言うので、お試しに

頸椎にイオン
左の肩こりが強いところに、アイスの茶
左手首内側の真ん中の親指寄りにアイスの白を貼りました。

頸椎にイオンを張った時点で、親指の可動域が広がり、アイスの茶を貼るともっと楽になり、白を貼ってしばらくすると、痺れが楽になり、右手の方が、動かしにくく感じるようになりました。

お話するうちに、x39、グルタチオンも欲しいと言うことになりましたので、登録書を書いていただきました