LIFEWAVE SP6

f:id:kywwave:20210222212111j:plain

 

www.youtube.com

 

SP6コンプリートは単なるダイエットパッチではない


2019/09/20 13:24

ライフウェイブがウェブ上で公開してるSP6コンプリートの臨床実験翻訳です。

チェリーブレイク - グリーンバーグND、MA、HMD、およびHomer Nazeran博士、CPEng(Biomed) El Paso Texas 79968、USAABSTRAC

 

視床下部は脳の小さな領域です。それはアーモンドの大きさで、脳の中央の視床のすぐ下にあります。それは多種多様な生理学的機能の制御および自動調節に関与しています。

その主な仕事は、私たちのすべての身体機能のバランスと調和を維持することです。

 

鍼治療の分野では、鍼治療は末梢感覚神経とその終末を刺激し、皮膚の血流と微小循環を増加させ、神経伝達物質神経ペプチド、ホルモンを放出させることによって作用することが今や示唆されています。

 

SP6パッチは、脾臓6および胃36の経穴を穏やかに刺激する非経皮パッチです。これらの鍼治療点の刺激は視床下部機能に影響を与えることが示されているので、視床下部調節の影響を受ける臓器のいくつかの生理機能に対するSP6の影響を調べることは非常に興味深いです。

 

細胞生理学的臓器を示す生体インピーダンスデータElectros Interstitial Scanning(EIS)システムを使用して、機能(状態)を10人のボランティア[1人の男性と9人の女性、19-81歳、体重157-219 lbs(約72  -  99.5 Kg)、4 ft]からの臨床試験です。

 

11インチ(約150センチ) -  5フィート、高さ9インチ(約175センチ)]インフォームド・コンセントの後、1週間SP6パッチを毎日着用しながら、これらの被験者の細胞生理学的機能を10個の臓器(膵臓、肝臓、腸、左右の腎臓、甲状腺、左右の副腎、視床下部および下垂体)で評価した結果です。

 

生理機能(EIS)試験は、SP6パッチを着用した30分後にパッチを着用しない間にベースラインで行い、次にパッチを毎日着用した後1週間繰り返しました。

SP6パッチを着用する前の研究期間の初めに、細胞生理学的機能ベースラインデータを全被験者から得ました。研究期間中、対象は十分に水分補給されるように指示され、全ての被験者対象として支持に従いました。

 

 

試験されるべき仮説は以下の通り

 

1・1週間毎日着用されるSP6パッチは、異なる臓器における細胞生理学的機能的状態を有意に改善する。統計的分析は、各臓器の細胞生理学的機能的状態における最終変化の累積平均を比較して行われた。

 

対応するベースラインデータに対する試験期間の結果は、肝臓、膵臓、左右の腎臓の生理学的機能的状態において非常に有意な(p <0.001)改善を示した。

 

甲状腺、腸および視床下部の機能的状態において非常に有意な(p <0.01)改善があった。

 

左右の副腎の機能的状態に有意な改善が見られた(p <0.05)。下垂体は有意な改善を示さなかった(p = 0.19)。

 

効果の大きさ(生理学的機能、サンプル数、および有意水準の改善%)を考慮した平均統計的検出力は、膵臓、肝臓、腸、左右の腎臓、甲状腺、左右の副腎およびその他の部位で少なくとも89%であった。

 

要約すると、この研究の全体的なデータは、1週間にわたって毎日着用されているSP6パッチが肝臓、膵臓、左右の腎臓の生理機能状態に非常に有意な改善をもたらし、平均統計力> 97%を示した。そして、甲状腺、腸および視床下部の機能的状態の非常に有意な改善、平均検出力> 87%および副腎における有意な改善、平均統計検出力> 75%。下垂体を除くすべての臓器の表現を変えると、統計的検出力> 89%でベースラインと比較して有意な細胞生理学的機能状態の改善を達成した。

 

キーワード:SP6パッチ、Spleen 6およびStomach 36(Zusanli)

 

2・視床下部視床下部は、脳の小さな領域、アーモンドの大きさで、脳の中央の視床の真下にあります。それは、自律神経系の主な神経節および制御の中心として知られており、しばしば「脳の脳」と呼ばれています。

 

「脳の脳」とは、私達の生理学的プロセスのバランスと調和を維持する恒常性機能のための統合センターであり、そして自律神経系と内分泌系の間の重要なリンクです。それは体の内部環境(環境)の直接調節に関与しており、それは異なる臓器の多くの規制機能の組織的な調整に責任があります。特にそれは私達の体温、のどの渇きと空腹、食物摂取量、尿量、下垂体前葉ホルモンの産生と分泌、子宮収縮、そして乳汁排出をコントロールし、主要な自律神経系の中心として、すべての平滑筋、心筋、そして外分泌腺に影響を与えます。

それは私たちの基本的なニーズを満たすための原動力となる、脳の中枢統合システムの動機づけシステムの一部であり、感情的なおよび行動パターンで役割を果たします。

 

鍼治療のコミュニティでは、鍼治療は末梢感覚神経とその終末を刺激し、皮膚の血流と微小循環を増加させることによって作用することが現在示唆されています。神経伝達物質神経ペプチド、およびホルモン[2]。視床下部に対するzusanli(胃36)での電気鍼療法刺激のホルモン効果に関する研究のレビューで、Subhuti Dharmananda博士は、オレゴン州ポートランドの伝統医学研究所の所長に次のように述べています。

 

(ウサギ、ウシ、およびヒツジ)は血漿ホルモンを増加させる可能性があり、副腎皮質ホルモンは視床下部(脳に包含されている)を介して刺激されていた。視床下部副腎反応に対する根拠として、鍼治療の効果が示唆された。彼らは、短期間の経穴刺激による脳活性化パターンの特異性に対処するために、脳活動の指標として局所脳血流を使用した。

 

彼らは、顕著な鎮痛効果の古典的な点(Li 4、Heku)および近辺の非古典的/非鎮痛点における2 Hzでの刺激が、それぞれ中脳、島、前弓状皮質への拡張とともに視床下部を活性化することを示した。

彼らの「データは、視床下部が古典的な鎮痛剤点での鍼刺激の中心的な発現を特徴付けるかもしれず、鍼刺激の鎮痛効果を媒介することにおける1つの重要な要素として役立つかもしれないことを示唆した」。

 

脾臓6と胃36(Zusanli)鍼治療のポイントについて、これらの鍼治療点の刺激は視床下部機能に影響を与えることが示されているので、視床下部調節によって影響を受ける臓器のいくつかの生理学に対するSP6の影響を調べることは非常に興味深い。これはその種の最初の研究である。

 

SP6パッチが臓器の生理機能に及ぼす影響を調べること。 Electro Interstitial Scanning(EIS)システムを使用して、細胞生理学的臓器機能(状態)を示す生体電気インピーダンスデータを10人のボランティア[1人の男性と9人の女性、19〜81歳、157〜219ポンド(〜72  - )の非検対象者から情報を得ました。

 

インフォームドコンセントを得た後、体重が99.5 Kg、4フィートが11インチ(約150 cm) -  5フィートが9インチ(〜175 cm)。これらの被験者における異なる臓器の細胞生理学的機能的状態は、10の臓器(膵臓、肝臓、腸、左右の腎臓、甲状腺、左右の副腎、視床下部および下垂体)を、1週間SP6パッチを着用しながら。生理機能(EIS)試験は、SP6パッチを着用した30分後にパッチを着用しない間にベースラインで実施し、次にパッチを毎日着用した後1週間繰り返しました。

 

SP6パッチを着用する前の研究期間の初めに、細胞生理学的機能ベースラインデータを全被験者から得た。研究期間中、対象は十分に水分補給されるように指示されました。全ての被験対象として忠実に指示に従いました。

 

試験する仮説は次の通り

 

1・1週間毎日着用したSP6パッチは、異なる臓器における細胞生理学的機能的状態を有意に改善する。

この研究の全体的なデータは、1週間にわたって毎日着用したSP6パッチは非常に有意な改善をもたらした。

 

肝臓、膵臓、左右の腎臓の生理的機能的状態は平均統計的検出力> 97%、甲状腺、腸および視床下部の機能的状態は非常に有意に改善され、平均的検出力は87%を超え、平均統計検出力> 75%の副腎。下垂体を除くすべての臓器の表現を変えると、ベースラインと比較して有意な細胞生理学的機能状態の改善が達成され、統計的検出力> 89%であった。

 

材料および方法この調査のために、SP6パッチ(LifeWave、La Jolla、California、USA)を使用した。

 

SP6パッチは、圧力と赤外線エネルギーとの組み合わせで身体上のSP6または胃36の経穴を刺激するための新しい方法として記載されている。

 

 LifeWave Sp6パッチは、化学物質や薬を体内に入れない非経皮パッチです。 LifeWave SP6パッチには、体の熱を吸収してこれらの経穴を刺激する赤外線信号を生成する天然の無毒の結晶が含まれています。

 EIS(Electro Interstitial Scan、米国特許第61 / 194,509号)システムを展開して、8つの臓器における細胞生理学的機能的状態を示す生体電気インピーダンスデータを取得しました。 「EISは、患者の生理的パラメータの状態に対応する電気信号を提供します:Na + / K + ATPaseポンプ活性、組織pCO 2、交感神経系活性および微小循環血流」。

 

EISシステムは、コットレルの方程式に基づくクロノアンペロメトリーを使用しています。生体電気インピーダンスと間質液の生理機能に基づき、それは間質液の1つの区画のみを測定するために1.2Vで低強度の直流を身体に導入します。

 

「世界的な特許を取得したEISシステム(No 06/09878および065217)は、直流を利用する唯一の市販の装置であり、間質液を介して細胞レベルで生理学的パラメータのin vivo分析を可能にします。 3分間のテストでは、オペレータの偏見はありませんでした。

 

クロノアンペロメトリーを使用したEISシステムは、生理学的データの測定で人体システムをモデル化します。

EISは、正確なアルゴリズムと独自の公式を適用して、人体のシステム特定の用途に使用します。 EISシステムはフランスとヨーロッパの電気機器に分類されます。

 

その主な機能は、体内で進行しているさまざまなプロセス、臓器内の活動亢進および活動低下を読み取ることです。 EISは生化学とホルモンレベルを測定します。また、pH、体組成、そして交感神経系と副交感神経系も測定します。

 

感情的なトラウマでさえも、脳のさまざまな領域の生化学と細胞活性を測定することによって検出できます。身体に接続された6つの電極との間で無害で低電圧の周波数を送信することによって測定しています。コンピュータソフトウェアは、身体を通る経路でこれらの信号に加えられた変更に基づいてすべてを計算します。ほとんどの測定は細胞外液に基づいて行われます。

 

すべての細胞の環境これが生化学の最も重要な場所であり、細胞内外に何があるのか​​を見ることによって細胞活性を測定できる場所です。

EISは3分で全身をスキャンします。これは、米国ではFDAの承認待ちのバイオフィードバック装置です。

 

この研究に参加するための包含基準は、SP6パッチを着用して1週間の期間にわたって研究に参加することを望んでいた機能的な個人ででした。

参加者はまた、他の新しい治療法や治癒方法を開始しないこと、および/または研究の有効性を変える可能性がある日常生活に大きな変更を加えることに同意しました。

 

被験者は試験前にSP6パッチを着用してはいけません。被験者はPalos Verdesの地域から集められ、以前のHealth Integration Therapyの患者であったかもしれません。

10人のボランティア被験者[男性1人、女性9人、年齢19〜81歳、体重157〜219ポンド(約72〜99.5 Kg)、4フィート、11インチ(約150 cm)〜5フィート、9インチ(〜175)インフォームドコンセントを得た後、SP6パッチを着用する前、パッチを着用して30分後、および1週間後に、研究期間の初めに細胞生理学的機能ベースラインデータをすべての対象から取得からデータを得ました。

 

被験者は研究期間中、十分に水分補給されるように指示され、全ての被験者は彼らの指示に従いました。

被験者は、脾臓6または胃36の経穴にSP6パッチを貼るように指示されました。

 

-20〜+ 20の読みは、臓器機能の正常値を示す範囲です。表1は、女性対象の典型的なEISシステムの読み(細胞機能生理学的状態)を示し、表2は、男性対象の典型的なEISシステムの読みを示します。

 

例として表3は平均累積測定値とその標準偏差を示しています。 SP6パッチを着用した後の機能的状態の変化はベースラインから30分後にΔ1として表されます。

Δ2は、SP6パッチを毎日1週間着用した後の臓器の細胞生理学的変化を表します。

ΔTベースは、ベースライン測定値に対する総EIS読み取り変化を表します。

表3は、全被験者における各臓器についての生理学的機能のベースラインおよび総変化に対する全体平均値および標準偏差を示します(n = 10)。

 

考察および結論研究期間終了時、各臓器の細胞生理学的機能的状態の正味変化の累積平均を対応するベースラインデータと比較して統計分析を行いました。

結果は、肝臓、膵臓、左右の腎臓の生理学的機能的状態において非常に有意な(p <0.001)改善を示しました。

 

甲状腺、腸および視床下部の機能的状態において非常に有意な(p <0.01)改善がありました。左右の副腎の機能的状態に有意な改善が見られました(p <0.05)。

 

下垂体は有意な改善を示さなかった(p = 0.19)。効果の大きさ(生理学的機能、サンプル数、および有意水準の改善%)を考慮した平均統計的検出力は、膵臓、肝臓、腸、左右の腎臓、甲状腺、左右の副腎およびその他の部位で少なくとも89%でした。

 

要約すると、この研究の全体的なデータは、1週間にわたって毎日着用されているSP6パッチが肝臓、膵臓、左右の腎臓の生理機能状態に非常に有意な改善をもたらし、平均統計力> 97%を示したのです。

そして、甲状腺、腸および視床下部の機能的状態における非常に有意な改善、平均パワー> 87%および平均統計的パワー> 75%の副腎における有意な改善をしました。

 

下垂体を除くすべての臓器の表現を変えると、ベースラインと比較して有意な細胞生理学的機能状態の改善が達成され、統計的検出力> 89%でした。したがって、仮説は真実であると認められました。

■シェアします

 

体重はあまり変わってないみたいなんですが、前まで、13号15号の服だったのが、11号サイズになってます(happy face)

だけど、シワになってないって言われるって喜んでます(note)

座ってる姿をみても、元気になっだけではなく、若返ってるのがわかります(haha)

しょっちゅう救急車で運んだり、入院してた母がめちゃめちゃ元気になってくれたので、私も思いっきり仕事ができるし本当に感謝です(heart)

 

ダイエットの体験談です。           

⚪️X39 頸椎

⚪️SP6コンプリート 左足

🟤⚪️エナジーエンハンサー 鎖骨下

スタートして4週目です。
体重が3キロ落ちました。

食事はスタート前と変わっていないです。

以前ダイエットに失敗。

もう一つありました…。

洗髪のときの抜け毛がなくなったのです… 。

それも悩んでいました。

早速、友達にお話したら話し聴きたいと約束とれました。

 

■隆司(仮名)15歳

息子
痩せました〜!

SP6コンプリートを貼り始めたのが
1月3日からです!

無理な食事制限は
ありませんでした!

ずっと
ぽっちゃりだったけど

バスケットボール部
体が重いから
痩せたい!と

どうしたらよい?と
言われ
コンプリートを貼らせました!

毎朝学校へ行く前に
貼って登校

いま
中学2年の14歳ですが
成長期の男子にも
無理なく
ダイエット大成功です!

ただ
ダイエットきめてから
やめたことは
お菓子とジュース
それだけです

本人もパッチの効果がすごい!と
びっくりしてます!

 

 

 

f:id:kywwave:20210228185320j:plain