LIFEWAVE glutathione

f:id:kywwave:20210222210455j:plain

■効果効能

・抗酸化
・抗アレルギー
放射線障害予防
・老化防止(アンチエイジング
・アルコール性脂肪予防
・肝機能障害予防(二日酔い抑制)
白内障進行予防
・美白効果(黒色色素メラニン抑制)
・細胞の若返り
・高血圧
・血糖値
デトックス(解毒・重金属)
・ウイルス感染
アルツハイマー病抑制
パーキンソン病進行抑制
・アレルギー抑制
・神経炎症
・心血管疾患
・橋本病
・喘息
・癌
・心臓病
・糖尿病
・インフルエンザ
エイズ
動脈硬化
・うつ
アルコール依存症
・肥満
・慢性疲労
アトピー性皮膚炎
・シワ
・シミ
・薄毛

 

www.nanajotakeda.jp

 

新型コロナ重症化、体内にグルタチオン不足判明

 

  

 

1)グルタチオンとは何か?

グルタチオン(glutathione)は体内組織に広く分布するSH基をもった化合物です。20歳代をピークに高齢になれば減少していきます。薬剤としてのグルタチオンは,SH基により体内での抱合反応を賦活して解毒を促進する作用や、抗アレルギー作用があります。

なお、グルタチオンの経口投与は腸で吸収されるまでに多くが壊れてしまうため、点滴療法と比べて著しく効果が低くなります。 

近年、パーキンソン症候群や抗ガン剤投与後の神経知覚障害 強力な抗酸化作用などに効果があることが判明し注目されています

2)グルタチオンの働き

①体内の活性酸素、過酸化脂質などの消去
②解毒作用・薬物の解毒
③含流アミノ酸の貯蔵庫
④強肝作用
⑤肺機能の強化作用
⑥発がん抑制作用
⑦美容作用
⑧抗酸化作用

3)効能効果

①薬物中毒,自家中毒,周期性嘔吐症
②慢性肝疾患における肝機能の改善
③急性湿疹、慢性湿疹,皮膚炎、蕁麻疹、リール黒皮症、肝斑、炎症後の色素沈着
④妊娠悪阻、晩期妊娠中毒
⑤角膜損傷の治癒促進
⑥放射性療法による白血球減少症、放射線宿酔、放射線による口腔粘膜の炎症
パーキンソン病
⑧うつ症状の改善
⑨かぜの初期症状

4)歯科口腔外科領域の効能効果

①口腔がん治療の副作用の予防、抗ガン剤投与量制限因子の抑制
②口腔がん治療による末梢神経障害の抑制
③難治性口内炎の消炎
④歯肉粘膜、口唇の色素沈着、損傷治癒促進
⑤歯科用金属アレルギーの治癒促進
⑥歯科材料や歯科用薬品による薬物中毒の解毒
⑦歯肉や口腔粘膜のアンチエイジングなどに効果が期待できます

f:id:kywwave:20210228005150j:plain

グルタチオン点滴をしているクリニックのサイトです。
グルタチオンの効果が、クリニックの立場から、わかりやすく説明しています。
活用してください。

私達は、点滴しなくても、グルタチオンを貼るだけで、体内グルタチオン濃度が上がるわけですから、とんでもない科学を手にしている事になります。

 

www.nanajotakeda.jp

 

youtu.be

 

https://m.youtube.com/watch?v=q2aRBugDl8U&feature=youtu.be

 

☆体験談☆
45歳男性

x39、グルタチオンを毎回貼って1か月

・総コレストロール                    
 235→190

・LDL 175→120

・尿酸 8.4→7.1

・AST 55→35

・ALT 79→42

血圧も120/90→100/60台へ下がっている

肝臓、痛風などの数値が全部下がりました👍👍👍